楽しいヴォイストレーニング

 

物事は楽しくなければ続けることはできません。

これは声楽初心者や合唱を楽しみたい人のためのメルマガです。

簡単な練習方法ばかりですので、

ぜひ試してみたらいかがでしょうか?

 

という見出しで、

まぐまぐを通して2004年4月02日から毎週(現在は、月2回)

お送りしています。

配送が遅延したりしながらも何とか650号を迎えました。

興味がある方はどうぞ。

 

登録は、こちらからです。、

http://archive.mag2.com/0000128962/index.html?start=500

サンプル誌

 

==========================================
【楽しいヴォイストレーニング】Vol.1 2004/04/02
==========================================
基本編

今日の特効薬
 Zの練習
  
効能
 喉から余分な力が抜ける。
 お腹に支えの感覚が付いてくる。
 声がきれいになってくる。

方法
上歯と下歯を軽くかみ合わせ、息を吸うような方向で、
有声子音のZを発音する。(ズーと音を出す)。
そして、その音が鳴るようになったら、ソミド、
ドレミファソファミレド、など音階を付けてZで発声してみてください。
その時、注意して欲しいことは、音程が上がるにしたがって、

重心が下に移動していくようにすることです。
(お腹に反応があるはずです)そして、
歌いたい曲のフレーズをこの方法で歌った後、アーなどの母音や、
歌詞を付けて歌ってみてください。きっと、喉のまわりが軽くなり、
お腹で支えているのを感じるはずです。

解説
この訓練が私の訓練のすべての基礎となります。
歌う前、歌い終わった時に行っても準備体操、
整理体操の役目を果たします。
少しで結構ですから気がついた時にやっていると、
早い人で、一ヶ月、どんなに遅い人でも一年後には、
声が変わってきていることを自覚するはずです。


発行にあたって
声楽初心者や合唱愛好家のために、
少しでも歌うことが楽になり、楽しんでもらおうと
始めたホームページ「楽しいヴォイストレーニング」でしたが、

仕事の忙しさを理由に質問に答える以外の更新を
あまりしておりませんでした。
そこで今回メールマガジンを発行することにしました。
皆さんは次の発行までに、この方法を試していただけたらと
思っております。その中に自分に適した訓練方法を
見つけてくだされば幸いです。